がんばった人紹介 04

四国・愛媛と聞いて、思い浮かぶのは「夏目漱石の坊ちゃん」「司馬遼太郎の坂の上の雲」等文化的なイメージです。そんな歴史情緒が漂う愛媛で頑張っている先生を見つけました。

中西のぞみ先生】は6年前までは、このコンクールの事は全く知らなかったそうです。2007年に、たまたま生徒さんの一人が自主的にコンクールに参加した事がきっかけで、5年前から多くの生徒さんが参加するようになりました。今年の2月9日から11日まで杉並公会堂でおこなわれた「全日本ジュニアピアノコンクール&ピアノオーディション」では、3組4名の生徒さんが3位以内と言う素晴らしい結果を残しました。中でもB課程で見事「第1位:金賞」を受賞しました「戎井佑見さん:小学4年」は、まだピアノを始めて3年ですが、いつも前向きで明るい生徒さんで、ご家族もとても協力的です。今回残念ながら入賞を逃した生徒さんも、皆さん頑張ってくれたとおっしゃっております。(写真は杉並公会堂のロビーで、B課程で3位に入賞した越智泉水さんと一緒に仲良く ピース!! 来年もいっしょに此処に来ようね・・・)

【優秀指導者証】日本ピアノ研究会では、優秀な生徒さんの表彰だけでなく、その生徒さんを指導しておられる先生にも「優秀指導者」の認定制度があります。各エリアの受賞記念披露コンサートで「最優秀賞・優秀賞・優良賞」を獲得した生徒さんの指導者に「優秀指導者」の資格が与えられるのですが、さらにその上に「最優秀指導者」があります。最優秀指導者は優秀指導者を5年継続、あるいは全日本での3位までの入賞者を出した指導者となっておりますので、こちらの資格を得るのはとても狭き門になります。最優秀指導者に認定された中西先生に感想をお聞きしますと、「生徒さん達と共に成長できた結果です。生徒さん達に感謝しております」と、とても謙虚なお答えが返ってきました。

【コンクール】中西先生はコンクールの参加については、「指導の一環として、コンクールの参加を積極的に取り入れております。目標を高いところに置き演奏力のレベルアップを図っていけたらと思います。しかし生徒たちがコンクールの参加が決して苦痛にならないよう、そして音楽が大好きになるように指導しております。」またラテンの課題曲については、「私自身が最初 ラテン?? と思っておりましたが、非常にメロディーも親しみやすく美しく、また明るくて、生徒たちは楽しそうに取り組んでおります。」とお話ししていただきました。

全ての事を前向きに考え、生徒さんの指導にあたっておられる中西先生の益々のご活躍を日本ピアノ研究会としても期待しております。